追従ジョイント説明書

プラグイン名 追従ジョイント
プラグイン本体:Windows(32bit)名 follow_joint.dll
プラグイン本体:Windows(64bit)名 follow_joint64.dll
プラグイン本体:Windows(32bit)名 follow_joint.shdplugin
SDKバージョン 13SDK(463042)
対応Shade Shade 13.2.2以上
バージョン V.13.1.0
プラグインタイプ シングルプラグイン、常駐型
公開形態 フリー(無料)
リリース日 2016年2月8日

目次

  1. 概要
  2. インストール
  3. 使用方法
  4. その他の事項
  5. 御使用にあたって
  6. 作者情報
  7. 改定履歴

概要

追従ジョイントは、親にあたるジョイントを動かすと、登録されている他のジョイントが、同じ動作をするという極めて単純なものです。パラメータは、現時点では、動きの影響度を指定する数値一個だけです。むしろ、このような単純機能の場合は、設定自体も利用自体も簡単な方が使いやすいと判断したためです。
使えるジョイントは、ボーンジョイントボールジョイント回転ジョイント移動ジョイントの4種類です。
本プラグインは、Shade 13.2.2. 以上でのみ動作します。

インストール

インストールは配布物を解凍して、Windows(32bit)版の場合は follow_joint.dll を、Windows(64bit)版の場合は follow_joint64.dll を、Mac OSXの場合は、 follow_joint.shdplugin
Windows 7 以降の場合は、ユーザー>(ログインユーザー名)>マイ ドキュメント>Shade 13 >pluings/
Mac OS X 10.8 以降の場合は、ユーザー>(ログインユーザー名)>Shade 13>pluings/
のような、ユーザのフォルダにコピーしてください。 Windows の場合この方法でも、32bit、64bit両方のプラグインを同じディレクトリ内に混在可能です。
Shade を起動して、ツールメニューカスタム情報内のメニューに追従ジョイントが見つかれば、インストールは成功です。同様に図形ウインドウ内でマウスの右ボタンをクリックして現れるメニューやブラウザ情報ボタンで現れるメニューにも現れているはずです。但し、最初は無効状態のはずです。

使用方法

基本的な使い方は、にしたいジョイント記憶させ、追従して動かたいジョイント(追従ジョイント)を選択してカスタム情報追従ジョイントをクリックすると以下のような登録ダイアログが現れます。

ここで、追従影響度は、側の動きに対して、追従ジョイントが、どの程度動くかを指定する量です。通常 0 から 1 の範囲で指定出来ますが、実際には、任意の値を受け付けます。但し、少し異常な値の指定は、自分の責任で与えてください。
次に、実行階層の意味ですが、選択したジョイントの子階層に同じようにジョイントが、続いてあるときその指定数の子まで同じ設定するかの指定です。よく、ジョイントを数珠つなぎにして同じ動作をさせたい場合などに毎回設定しないで済みます。パラメータを設定して
OK を押すと、その瞬間からそれらのジョイントは、追従ジョイントになり、親のジョイントの動きに追従するようになります。
既に追従ジョイントになったジョイントを選択して、カスタム情報追従ジョイントをクリックすると、以下の様なダイアログが現れます。

右は、ポップアップ内のメニューを開いたところです。ここで、解除を選べば、追従ジョイントが、解除され、保留にすれば、一時追従を中断します。影響度変更を選んで、その下の影響度値を変更すれば、影響度を変更出来ます。保留中の追従ジョイントを選んで、カスタム情報追従ジョイントをクリックすれば、

再開または、解除のメニューが現れます。
以下に一連の使い方について説明します。

追従ジョイントの例1

まず一つの例として、下図のような6個の数珠つなぎ状態のボーンジョイントを用意しました。まず、ボーン親という名のボーンジョイント記憶させて、ボーン子ジョイントを選択して、ブラウザ情報で、追従ジョイントを選ぶとメニューのダイアログが現れます。ここで、追従影響度 1 実行階層 5 にして OK を押します。

すると下図のように、ボーン孫4までのボーンジョイントが全部追従ジョイントになります。この状態で、編集モードジョイントにして、ボーン親を選んで変形させて見てください。

子のジョイント全てが同じように変形しました。このようになめらかに動く形状を沢山のジョイントを使って割と簡単に実現させることが出来ます。

追従ジョイントの例2

もう一つの例としてボーン親の横にボーン弟というボーンジョイントを配置して、同様に追従ジョイントを起動します。ここで今度は追従影響度を、 0.5 実行階層 1 にして、実行します。

そうして、再度ボーン親を動かすと下の様に、ボーン弟ボーン親の半分動きます。これらの機能は、 IK などに比べると単純ではありますが、逆に正確に動作しますので利用面は、各自考えてみてください。

私は、次リリースの Makehuman の口の開閉機能に利用する計画です。

保留の利用法

追従ジョイントは、完全に親のジョイントの管理下になり、それ自体は操作出来ません。ということはほんの少し微調整したいときに動かしても、自動で元に戻ってしまいます。こういうときに一旦保留にすれば、そのジョイントを直接操作出来ますので、微調整が出来ます。再度、有効化して、ちょっとそのジョイントを動かせば再び、元に戻ります。

その他の事項

御使用にあたって

作者情報

改版履歴