戻る   トップへ

以下のプラグインは、特に明記されない場合は、全て Shade10 以降用で、且つ Windows32bit、64bit、MacOSX用の3プラグインが同梱されてます。
また、 OS の推薦条件は、 Windows は、 Vista 以降で、 MAC の場合は、 OSX10.8 以降です。
ダウンロードで最新版が得られない場合は、閲覧履歴のクリアをしてみてください。
また、今後は、ダウンロード先を shop(DLmarket Software)にまとめていく予定です。
プラグイン名 機能概要
バージョン
ダウンロードエントリー オンライン操作説明書 対象OS Shade バージョン 公開形態

要素マーク 図形ウインドウで形状の任意の要素(ポイントやライン)に個別にを付けて形状の編集を容易にするツールです。特にポリゴン頂点編集に便利です。本版は、Shade14以前でのみ動き、保守化しました。
13.1.1
download Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.8以降) Shade13.2.2 から 14 フリー

要素マーク15 図形ウインドウで形状の任意の要素(ポイントやライン)に個別にを付けて形状の編集を容易にするツールです。特にポリゴン頂点編集に便利です。さらに、Shade3D Ver.15以降は、本プラグインでないと動作しません。ダウンロード先を DLmarket に変更しました。
1.0.3
shop document Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.8以降) Shade 3D ver.15 以降 フリー

ポイント編集 現在選択中の殆どの形状のポイントの位置を自動的に数値で表示する小ウインドウです。同時にその数値を編集してポイントに適用できます。ジョイントの位置修正もできます。別の形状のポイント位置を別の形状のポイント位置へ適用してすることで合わせ込みにも利用できます。
13.1.0版は、同期処理のオンオフ追加と「取り消し」「再実行」関係の不具合の修正です。
10.0.2/13.1.0
download(10版)download(13版) document Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.4以降) 10版は、Shade10 以降、13版は、Shade13.2.2 以降 フリー

スキンポーター 形状が持つスキンエキスポート/インポートします。その他に形状のスキン変換マトリックスのクリア機能などの小物も含んでます。スキンのメンテナンスに便利です。
13.0.2 版は、拡張変換マトリックスリセットの不具合を修正したものです。
11.0.1/13.0.2
download(11版)download(13版) document Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.4以降) 10版はShade10 以降、13版は、Shade13.2.3 以降推薦 フリー

UVポーター
ポリゴン形状 UV エキスポート/インポートします。さらに、その UV テンペレートイメージの保存もします。 UV のメンテナンスや、 UV のマッピング用イメージの自作に便利です。今回、SDK12版を追加しました。この版では、 Shade 12 以降で追加された多重 UV に対応しました。テンペレートイメージで要素マーク部の描画の不具合を修正しました。
10.0.2/12.0.2
download(10版) download(12版) document(12版) Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.4以降) 10版は、Shade10 以降、12版は、Shade12 以降 フリー

対称ポリゴン++ 自動的に対称になるポリゴン形状を作ります。また、少し不完全な形状を正確に対称化するのにも使えます。それ以外に、線形状の対称化、便利なポリゴン操作の小物ツールを包含しているウインドウです。 今回SDK13版を追加しました。かなり変更されてます
13.1.0版は、久方ぶりに1機能を追加しました。その他微調整です。
10.1.4/13.1.0
download(10版) download(13版) document Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.7以降) 10版は、Shade 10 以降、13版は、Shade13.2.3 以降 フリー

エイムコンストレインツ拡張版 標準装備のエイムコンストレインツの拡張版です。利用面は同じですがターゲットジョイントを毎回作るのではなく既存のジョイント間で関係を作ります。その他、設定した後じっくり調整するような使い方が出来ます。今回の修正は、ターゲットジョイントの移動時の挙動を本家と同じにしたことと、特定方向固定型の追加です。11.0.2ではショートカット使用時に適切でない形状選択のチェックを加えました。
今回のリリースは、アニメーションレンダリング時に動作しなかった点の修正です。
11.0.2/13.2.0
download(11版)download(13版) document Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.4以降) 11版は、Shade 10 以降、13版は、Shade13.2.3 以降 フリー

ボーン調整 Shade13 で導入されたボーンジョイントの微妙な調整をするプラグインです。使ってみればその意味がわかると思います。単純には、実際のボーンジョイントのより細かい状態の把握と、YスライダーZスライダーの微妙な調整ができます。
今回は、 Shade 3D ver.15 以降用の版を追加公開しました。
13.2.1/15.0.0
download(13版)download(15版) document Windows Vista以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.8以降) 13版は、Shade 13.2 以降、15版は、Shade 3D ver.15 以降 フリー

スムースポリゴン レンダリング時にだけポリゴンサブディビジョンサーフェスを自動で掛けるプラグインです。修正や、ポージング時は軽い通常ポリゴンで、レンダリング時には、きれいな角の丸めが掛かるような属性をポリゴン形状に付加します。 Shade13 以降でのみ使用可能です。
13.1.3版は、 Shade3D Ver15 で、追加された OpenSubdiv に対応した版です。
13.1.3
download document Windows Vista以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.8以降) Shade 13.2.2 以上 フリー

非選択非表示 何とも変な名前ですが、一言で言えば、ブラウザ上で選択した形状以外を自動的に図形ウインドウで非表示にしてしまうプラグインです。選んだ形状を細かく編集するとき、他の形状を隠して邪魔にならないようにします。 Shade13.2.2 以降でのみ使用可能です。
13.0.0
download document Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.4以降) Shade 13.2.2 以上 フリー

フェイスグループ分割 複数のフェイスグループを持つポリゴン形状をそのフェイスグループ毎に分離するプラグインです。あまりに極端なフェイスグール塗れのポリゴン形状に閉口して作りました。 Shade13.2.2 以降でのみ使用可能です。最終版は、次期対称ポリゴンで利用する為の変更です。
13.1.0
download document Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.4以降) Shade 13.2.2 以上 フリー

ポリゴン分割 ポリゴン形状をその内部で繋がっている面の塊毎に一つのポリゴン形状に分割します。表面材質、UV、スキン、フェイスグールも考慮されています。 Shade13.2.2 以降でのみ使用可能です。最終版は、次期対称ポリゴンで利用する為の変更です。
13.0.1
download document Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.4以降) Shade 13.2.2 以上 フリー

頂点ブレンドスキン適応チェック クラシックスキン頂点ブレンドスキンに移行するときその整合性をチェックするプラグインです。 Shade で自動で変更する前に内容を把握出来ます。また、クラシックスキンのままでもそのスキンの質をチェックできます。 Shade13.2.2 以降でのみ使用可能です。
13.0.0
download document Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.4以降) Shade 13.2.2 以上 フリー

追従ジョイント 親のジョイントの動きに追従して動くジョイントを実現するプラグインです。一つの親で、任意の数の子のジョイントを動かすことが出来ます。 Shade13.2.2 以降でのみ使用可能です。
今回の修正は、アニメーションレンダリング対応です。
13.1.0
download document Windows 7以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.8以降) Shade 13.2.2 以上 フリー

スキン装着 形状を覆うような服形状に対して親形状スキンを写し取りますで。要は、スキンを掛け終わった、人体モデルに自作で服を作った後、自動で服にスキンを掛けるためのものです。
本プラグインは、DLmarket Sotwareで配布しています。
1.0.1
shop document Windows 7以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.8以降) Shade 13.2.2 以上 無料

スキンツール スキンツールは、形状にマニュアルでスキンのウエイトを調整するためのツールです。同時に既存のスキンバインドの診断と修復機能も備えています。
自動バインドや、ウエイトペイントの後で、さらにウエイトを微調整するのに便利で且つ効率良くできるように設計されてます。
本プラグインは、Shadeマーケットプレイスで配布しています。
今回、より詳細なウエイト編集を可能にするため、特定のバインドのロック機能を付加し、細かい不具合修正を行いました。
1.2.0
shop document Windows 7以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.4以降) Shade 13.2.2 以上 540円

MakeHuman1_1_1:NEW Open Source のソフトウェア MakeHuman 1.1.1 版を Shade に組み込むプラグインです。 MakeHuman の人体モデルを Shade 内に生成し、その場でスライダーによって、スタイルやキャラクターを自由に変化させることが出来ます。
旧リリース版とは、共有可能です。
本版の特徴は、表情機能の追加と、スキンの質がかなり向上したことです。 13,4,1版でショップ向けパッケージ化しました。旧版の配布は終了しました。
13.4.1
shop document 追加データ Windows7以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.8以降) Shade 13 以上 フリー

本体は、こちらからダウンロードしてください。
Makehuman クロス作成支援ツール:NEW MAKHUMAN クロスライブラリを自作するためのツールです。使い方はそれなりにマニュアックで、習熟が必要ですが、慣れさえすれば誰でも自分好みの髪型や服を自作できます。
13.0.0版は、旧版に比べて常駐型にして、さらに細かい制限事項を外しました。但し互換性がなくなりましたので、旧版とは並行公開です。
13.4.0版は、ウインドウのレイアウト変更と操作ミスの低減の為の微調整、ショップ向けパッケージ化です。
13.4.0
shop document Windows 7以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.4以降) α7版は、Shade 10 以上 1.1.1版は、Shade 13 以上 フリー

Makehuman Pose1 Makehuman1 ポーズさせたジョイント変形量を保存したり、読み込んで、人体をポーズさせたりするためのツールです。
Makehuman1に同梱していましたが、バグ対応や機能追加に対応しやすくする為に独立させました。
13.0.0版は、随分と不具合が内蔵していました。切り替えて使ってください。
13.1.2版は、再度のドジバグ修正版です。本プラグインは、保守化しました。
13.1.2
download document Windows VISTA以降(32bit,64bit),Intel CPU MacOSX(V10.4以降) Shade 13 以上 フリー